自家製粉の粉がまた変わります。

2017年度産はるきらりが終了したため、2018年度産noah5Rに切り替わります。

noah5R,何のことかと思われるかもしれませんね。

写真はnoah小麦の畑ではありませんが、中川農場さんの昨年度のスペルト小麦栽培の圃場です。一見すると、小麦畑とは思えないと思いますが、自然栽培では小麦以外の植物ももちろん育っています。

noahは、多品種を混ぜて畑で栽培したもので、2018年度産は、スペルト小麦の割合が増えています。

スペルト小麦の外皮は固いため、今日製粉していましたが、少しザラザラした感じが強く残っています。

それもまたこのnoahの良さです。



toi

たなつもの ももの木草も天照らす 日の大神のめぐみ得てこそ                    本居宣長 『玉鉾百首』